年越しそばの意味!食べるタイミングはいつがいい?

今年1年の締めということで、大晦日に年越しそばを食べる人は57.6パーセントに上るそうですが、今日は、その食べる理由をお教えいたします。

年越しそば

Sponsored Link
大晦日に年越しそばを食べる一般的な意味

そばは他の麺類と比べて切れやすい事から「今年一年の厄を断切る」という意味があるそうです。また、細く長い見た目から長寿への願い。をかけるともされているそうです。

そして、昔からそばは体によいものとされ、食べると内蔵に溜まった毒を取り払ってくれると思われていました。そのため、新しい年を健康で迎えられるように、大晦日の夜にそばを食べたとされています。

年越しそば長寿年越しそばは奥が深い?

年越しそばは、実は上の事以外にも色々な説からの意味があるそうです。

金銀細工師が金箔を延ばす為にそば粉を用いたとする説や、細工師が散らばった金粉を集めるのにそば粉を丸めたものを使ったという説から、金運事から金運がよくなるように、といった願掛けもあったようです。

またソバは風雨に叩かれてもその後の晴天で日光を浴びると元気になる事から健康の縁起を担ぐだろうと考えられて食べられていたとも言われていたそうです。

また補足ですが、薬味のねぎにもにも意味があるそうで、それは、心和らげるという「労ぐ(ねぐ)」の語呂合わせだそうですよ。

食べるタイミングは?

大晦日であればいつでもいいみたいですが、一年の厄や毒を取り払うといった意味を考えれば、昼よりも夜、夜でも深夜の方がよいでしょう!!

77a3d54ba3ae3777476fbba8638c10ad

さあ、今年一年の、そばで是非『厄』を落とすこと、金運を上げることの願掛けをしてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク