貴乃花の目つきや態度がおかしいのは洗脳から?それとも病気?

貴乃花親方の目つきがおかしい?態度が変?

貴乃花親方といえば、なんだか近寄りがたく気難しく怖いイメージがありませんか?
貴乃花親方を検索すると、上位に「怖い」「おかしい」などのキーワードが挙がってきます。

Sponsored Link

まあ、目つきがおかしいのは客観的な意見ですからみんながみんな思うわけではないと思います。
目が悪くて、薄眼にする人も目つきがおかしいや怖い印象を与えますからね。

しかし、貴乃花親方に関しては表情に加えてなかなか変わった態度を示すことが多いため、あまりいい印象を与えないのかもしれません。

さて、あの「若貴」ブームの頃の人気の貴乃花はどこに行ってしまったのでしょうか。
その人気に陰りが出始めたのは、現役時代からなのかもしれません。

「若貴」ブームを巻き起こすほど人気だった兄弟ですが、その兄弟が不仲であると噂が出始めました。その大きなきっかけとなったのは、貴乃花の発言にあったそうです。

「若乃花(現・花田虎上(勝))は相撲の基本がなっていない」

と、批判したんです。

やー、確かにこれは当時の状況では衝撃の発言だったでしょうね。
また、兄弟の不仲に加え

「実は兄弟の父親が違うのではないか?」

という噂が出たのです。

この頃から、貴乃花は家族への不信感を募らせ始めたともいわれています。
この噂に関しては、母親である藤田憲子(現・藤田紀子)さんが否定しています。
ですが、今現在もこの噂を貴乃花親方は信じているとされています。

こういった家族とのいざこざが貴乃花親方の精神にこたえたのでしょうか。
あくまでも個人的な意見ですが、家族の言っていることが信じられないから、不信感を抱き、誰も信じられなくなる、と言った結果が「目つきがおかしい」「怖い」「人を寄せ付けない」雰囲気を作ってしまったのかもしれませんね。

貴乃花親方のおかしな行動は洗脳が原因?それとも病気なの?

貴乃花親方が現在注目を浴びているのは、日馬富士の暴行事件に関してです。
被害者の貴ノ岩関の親方である貴乃花親方が、事件に関して沈黙しているためです。

相撲協会の聞き取りに関しても、

「警察の調べが終わったら聞き取りに応じる」「あなたがたを信じていない」

と言った姿勢を見せています。

普通なら、弟子が暴行を受けたらなんらかのコメントを出すことが多い中でなんのコメントも発表していないため注目を集めています。

そんな貴乃花親方は、

「やっぱりおかしい」

というイメージがついているみたいです。

おそらく、そのイメージの発端は過去にあった「洗脳騒動」だと思います。

その「洗脳騒動」とは、まだ現役時代の頃、日常の発言や行動がおかしいため起こったみたいです。さらに、当時通っていた整体師に様々なことを吹き込まれ過激な発言をしたとされています。

例えば、兄である花田勝さんを「花田勝氏」と呼ぶなど多くの注目を集めました。

さらに、その騒動の最中、洗脳されているということを家族が公の場で発言したため大きな騒動となったみたいです。
貴乃花親方自身は、洗脳はなかったと否定しています。

有名人の洗脳事件は最近は多くなってきましたよね。
近年では、オセロの中島知子さんや能年玲奈さんなどがありましたね。
私の勝手なイメージですが、精神的に弱っているときにもっともなことを言われるとその人の言っていることが全て正しく思えてしまうためそれが洗脳につながっていくのではないでしょうか。

貴乃花親方も、洗脳騒動の頃、恋人との破局や出生のよくない噂、親の離婚など家族間で様々な問題があったため精神的に弱まっていたのかもしれませんね。

それに加え、貴乃花親方はなかなか頑固で真面目な性格な上、あまり融通がきかないとも聞きます。そのため、自分が信じたものや良いと思ったことを突き通す傾向にあるのかもしれませんね。

今回の沈黙もそのような性格が影響しているのかもしれませんね。
警察の方に、事件の調査が終わるまではコメントは控えてください、と言われたとも報道されていましたからね。

また、洗脳とはまた別に今回の行動は一部で精神的な病気があるためとも言われているようです。

精神的な病気とはなんでしょうかね。これは、現役時代から引退した際に激やせした時もなんらかの病気か?とも噂されていましたから、今回もなんらかの病気が原因と考える人もいるのかもしれませんね。

貴乃花親方はモンゴル出身の力士嫌い?なぜ?

貴乃花親方に関しては、近日「モンゴル力士と確執」という記事が報道されました。

なんでも、貴乃花親方はモンゴル親睦会への弟子の参加を禁じている、いくら白鵬が勝利を挙げても認めないなど、ややモンゴル力士に関して嫌悪的な感情を持っているそうなんです。

貴乃花親方が、貴ノ岩関に同郷のモンゴル親睦会への参加を禁止したのは、土俵でしっかりとした勝負を行わせるためとされています。「馴れ合いの温床」が生じることを懸念していたみたいです。

さらに、白鵬を認めないことに関しては「横綱の品格が欠けている」と問題視しているためだそうです。白鵬がよくやる立会いでの張り手や肘を使ったガチ上げがあまり良くないと感じたそうです。

そして、元々二子山親方やお父さんも親睦会や品位に欠ける行動が嫌いだったためその想いを引き継いでいるため灯されています。

確かに、元横綱としては様々な思いがあるのかもしれませんね。
昔と今では相撲界も変わってきているのかもしれませんよ〜。
なんせ、ここ最近では日本人力士が横綱になっていませんからね。

この「モンゴル力士との確執」に関しては、元横綱の朝青龍が貴乃花親方に対して批判的なコメントを認め、さらにこの騒動は大きくなっていくかもしれませんね。

貴乃花親方の真意はわかりませんが、無事にこの事件が終結するといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク