スマップ中居が腫瘍摘出手術!喉に腫瘍でガン?ナインティナイン矢部も?

SMAP・中居正広さんがのどの手術をしたことを発表して話題になっています。

2014年ぐらいから、のどの違和感を覚えたそうですがどんな病気だったのか?また中居さんが受けた手術とはどんなものだったとのかなど調べてみました。

中居3

Sponsored Link

中居さんが手術をしたことを発表されたのは、中居さんのニッポン放送のラジオ「中居正広のSome girl’SMAP」の27日夜の放送で発表されました。

しかも、5月上旬に検査をしたそうで、6月上旬に手術だったんですね。

結構期間が早かったんですね。

中居さん曰く
「2週間は喋れません。全身麻酔で検査も一人で受けた。で会社に手術受けることを告白して、仕事二つキャンセルして。木、金、土、日で。手術の手続きは全部一人でやった。入院も退院のこともぜんぶ一人で手続きした」

だそうです。

中居が手術をしたのは「喉の腫瘍」

5月下旬に検査で病院に行ったそうですが、その時に医師に「のどに腫瘍(ポリープ)がある。手術で取るしかない。悪性なら喉頭がん」と言われ、手術を決断したそうです。

喉の腫瘍(ポリープ)は手術しないとガンかどうかわからないそうなんですね。
一応、見た感じで良性か悪性か判断はできるみたい。

また、ポリープの場所によって全身麻酔かどうか決まるんですよね。

中居さんは全身麻酔だったことを告白していますが、声帯に腫瘍(ポリープ)ができていた可能性があります。

中居は喉頭癌の可能性もあった

最近の喉のがんといえばつんくさんですよね。

つんく

つんくさんは、咽頭がんで腫瘍が悪性だったために、声帯をとる決断をしました。

また、2015年2月に死去した父・正志さん(享年79)も喉頭がんだったんです。

そんな中居さんは、亡くなった父親と同じところに腫瘍(ポリープ)があったために「すげえDNA!」と語ったんですね。

ただ、病理検査の結果、喉の腫瘍は「良性」とわかったそうです。ホッとしましたね。

次のページでは、喉頭がんの共通点やがんの鬼門について書いていきます。

スポンサーリンク