おみくじの意味・順番・結び方知ってた?

初詣に行くと「今年の運だめし」としておみくじを引く方も多いと思います。ただ、これって縁起の良いおみくじなのか?気になりますよねこの順番。1番引きたいのは、「大吉」ですが、「吉」「小吉」「小吉」「末吉」を引いても「どっちが上?」かと悩まれた経験があるかと思います。今日は、そんなお悩みを解決いたします。

 おみくじ2

Sponsored Link

まず、おみくじには7段階と12段階の分け方があります。それぞれの内訳です。

 

7段階の場合》

大吉・中吉・小吉・吉・末吉・凶・大凶

12段階の場合》

大吉・中吉・小吉・吉・半吉・末吉・末小吉・凶・小凶・半凶・末凶・大凶

 これが一般的とされていますが、中には5段階や13段階というケースもあり、さらに神社やお寺によっても解釈が異なる場合があるようです。

 おみくじ1

それから、意味に関しても解釈の仕方に注意しなければなりません。

例えば、凶は「これから悪いことが起こります」という意味ではありません。凶の本当の意味は「気持ちを引き締めましょう」という意味ですので、おみくじの中の内容などが書いてあることが多いのでしっかり熟読してくださいね。

 もう一つ気になることといえば、引いたおみくじはどうしたらいいのか?という疑問。

皆、境内のところにいろいろと結んでいたりするけど、よければ持ち帰っていいのか?逆に悪かったら持ち帰るのか?悩む方もいらっしゃると思いますが・・・神社や寺によって考えが違うようですが大きく分けると2つあるみたいです。

 ■ おみくじには神様や仏様からメッセージやパワーなどが秘められているので、吉凶に関係なく記されている教訓を戒めるつもりで持ち歩き、後に納める。

■ 運勢が悪いおみくじはその場で結びつける。良いおみくじは持ち帰り、後日境内に結ぶ。

 やってはいけないこととしては、絶対におみくじは捨ててはいけません。その場にせよ、持って帰るにせよ、神様や仏様と縁を「結ぶ」ためなので、時が経ったら境内に結んでくださいね。(必ずおみくじを引いた場所でなくとも良いそう)

  また、結ぶ場所指定されている場合、必ず指定された場所へ結んでください。適当なところに結ばないように、マナーを守りましょう。「凶のおみくじを利き腕と反対の手で結べば、困難な行いを達成することによって凶が吉に転じる」という説もあります。

今回は以上です。いかがでしたか?おみくじを良いことがあったり、悪いことを乗り切ったら神様に感謝のためにお参りしましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク