中村獅童の妻・足立沙織さんはどんな人!?獅童母・陽子さんに認められていた!

歌舞伎俳優、中村獅童が28日、東京・虎ノ門のホテルオークラで披露宴の時の会見で妻の沙織さんをお披露目し話題になっていますね。
そんな、中村獅童さんの妻の沙織さんについて調べてみました!!

中村獅童 3

Sponsored Link

中村獅童 妻・沙織 プロフィール

旧姓:足立沙織(あだち さおり)
生年月日:1984年1月4日
血液型:A型
身長:155㎝
出身地:岐阜県
最終学歴:早稲田大学卒業

足立沙織

経歴
早稲田大学在籍時に「VIVI」などで読者モデルをしていた。その後はクロムハーツに就職。中村獅童と交際し、梨園の妻になるため仕事を退職。
早稲田大学在学時に「vivi」や「Tiara Girl」で読者モデルをしていたようです。

足立沙織 モデル1

また早稲田大学時代にはそのモデルとしての才能を十分に発揮し、早稲田大学のミスキャンパスに選出されたそう!

ミスキャンパスを獲得すると、モデルを続けながら芸能界デビューやアナウンサーの道などが思い浮かびますが、足立沙織さんは一般企業に就職をされました。

さらにはモデルの登竜門でもある「東京ガールズコレクション」にも出演をしていたようです。

大学卒業後はユナイテッドアローズに就職をし、今はアローズの傘下であるクロムハーツで仕事をしていたそうですね!!

中村獅童との馴れ初めは!?

中村獅童 1

足立沙織

獅童さんがクロムハーツ好きなのは業界では有名な話で、獅童さんが沙織さん勤務の店舗に何度か足を運んだのが二人の出会いのきっかけだと言われてます。
それが、2010年夏頃だそうです!!

交際を続けていくうちに、沙織さんは梨園の妻になることを決意し、仕事を退職したそうです。

中村獅童の母・小川陽子が認めた妻・沙織

中村獅童 母

足立沙織さんの事を朗らかで獅童にぴったりと生前に小川陽子さんは足立沙織さんを息子の妻として認めていたそうです。
中村獅童さんといえばといえば、女癖が悪いことでスキャンダルが多くある中で母・陽子さんが認めたっていうのは結構すごいことでよね。

元妻は竹内結子さんはどうだったんですかね?獅童さんの女遊びが原因で離婚になってしまいましたが・・・

そんな足立沙織さんに対して結婚間近といわれていた2013年ぐらいから、母・陽子さんは後援者の集まりなどに連れて行き、梨園のしきたりやお礼の仕方などを教えていたそうです。

ときには厳しく教えていたそうです。

まだ、結婚していない沙織さんに対してですが、陽子さんの愛情の裏返しだったんですね。

中村獅童・足立沙織の結婚・入籍が伸びていた!
中村獅童 幸せ

本当は2013年ぐらいには籍を入れるつもりだったそうです。
ですが、2012年12月に恩人の中村勘三郎さん(享年57)が亡くなると“勘三郎さんの一周忌が終わるまでは慶事は控えたい”と結婚を先延ばしにしたそうです。

そしていざ喪が明け、結婚へと準備を始めようとした矢先、今度は母親の小川陽子さん(享年73)が急死してしまって、再び結婚を延期せざるを得なくなってしまったそうですね。

海老蔵さんがブログで

「ずいぶん前から知ってましたが…おいらも嬉しい」──。と書いていた理由はこうだったからなんですね。

母・陽子さんが亡くなってからは、籍は入っていなかったものの、“梨園の妻”として劇場のロビーに立ち、中村獅童さんを支えていたそうですね。

足立沙織さんの過去の熱愛は?

足立沙織 3
そんな足立沙織さんですが、大々的に芸能活動をしてきた訳ではないのですが、過去に有名人ともお付き合いをされてたそうですよ。まあ、ミスキャンパスやらモデルやらされていたら目を引きますからね!
まず1人目はキングコング西野

キンコン 西野
沙織さんが大学在学中、読者モデルとして活躍してる時に交際があったとの噂です。
読者モデルや東京ガールズに出演をしていたので芸能人やスポーツ選手との接点も多かったのかな?

2人目はサッカー選手の鈴木啓太選手です。
鈴木啓太

オシム監督時代に日本代表にも選ばれた選手ですが覚えていますかね?サッカーをやっている人であれば知らない人はいない?
沙織さんとは2006年秋頃にお付き合いされていたそうです。

昨日の会見の中では、獅童さんはモテますがと質問が飛ぶと、獅童は「出たぁ~!!」とおどけ、沙織さんは「心配ないです」とキッパリ話していましたね。

いやあすごい強いですね。

子供は3人くらいほしいと話していましたし、これから大変かもしれませんが幸せになっていただきたいと思います!!

最後までお読みいただきありがとうございました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク