バトミントン松友美佐紀のラケット使用モデルは?ラケットはウイルソン!こだわりは?

17日間に及ぶ大激闘が終わりましたね。リオ五輪もアッというまに終わってしまった

感じがします。

史上最多のメダル獲得数!!

すばらしい、日本!以前とは異なり、ここぞ!という時に踏ん張れる若い選手が

多くいました。

今回はそんな金メダリストの松友 美佐紀選手にフォーカスしてみたいと思います!

Sponsored Link

松友美佐紀 wiki  プロフィール 生年月日  身長 体重 カップ

images (2)

ではまず、松友選手のプロフから。

金メダル獲得の生い立ちなども見ていきましょう!

松友 美佐紀 まつとも みさき

1992年2月8日生まれ 24歳

徳島県板野郡出身

159センチ、右利きのバドミントン選手

さすがに新体操の選手と違って下半身は、がっちりしています。

体重は推測ですが、50キロくらいではないでしょうか。

ちなみに、カップは、、恐らくBかC(~_~;)

新体操やフィギュアのように少しエロちっくな感じがせず、

ザスポーツという感じがするのでバドミントンはさわやかですねヽ(^。^)ノ

松友美佐紀 使用ラケットウイルソンのモデル

imgrc0065657697

では金メダリストの松友選手が使っていたラケットはどこのものでしょうか。

どうやら、ウィルソンのもののようですね。

ネットでみてみると、

ウィルソン WRT8607202 松友美佐紀モデル 数量限定 とさえされています。

値段はメーカー希望小売価格で23,760円税込とのこと。

こんな安く武器が手にはいるのですねえ。

すごい。

あとは、使う選手の努力ということなのでしょうか(゜o゜)

松友美佐紀 使用ラケットのこだわりは?

11012031_454632288074788_5044797618256344460_n

産経新聞などのメディアによると、金メダルをとった、松友選手と高橋選手のダブルスのペア。

スポーツ用品メーカーの担当者と二人三脚で、コンマ1グラムまでこだわってラケットを作ったそうです。

それが世界一を生んだのですね。

そして秘密兵器として手に取り、試合に臨んだわけです。

メーカー担当者もうれしかったでしょう。

万々歳ですね!

松友美佐紀 リオオリンピック ウェアー 普段

rio1608160087-n1

オリンピックを見ていると一流アスリートが使っている道具が気になりますよね。

シューズ、ラケット、そして汗を吸い取りやすそうなそして動きやすそうなウエアや、

大き目なボストンバックなど。

そんな中で、ウエアを見てみました。

日本代表の着用ウエアはYONEXのシャツで、

1枚税抜き7900円

ノースリーブのものです。

バドミントンは袖が邪魔になったりするので、ぴったりしているウエアかまたは

このようなノースリーブのものがいですね。

全ての条件がそろったので松友選手たちのダブルスは金メダルをとれたのでしょう。

2016081700135_5

松友美佐紀 シューズは?

20160813-OYTSI50004-L

中継をみていると足元もよく映ります。

底で気になるのがシューズ。

松友選手が使っていたシューズは、

おそらくこちら。

ウィルソン

ヴェルテックス・ヴァーミリオン WRS318480か、

またはミズノの ウエーブファングSSというものだと思われます。

日本男子のバドミントンの選手もこちらの色違いを使用しておりました!!

ぜひともバドミントンをやっている方、一度お試しになるといいかも♪

松友美佐紀 東京オリンピック スポンサー

バドミントンペア

現在は日本ユニシスに所属しており、バドミントン選手として活躍しています。

リオでの五輪が多きく左右し、東京五輪でもスポンサーはがっつりつくのではないかと予想します。

日本ユニシスはもちろん、地元の徳島の企業も立ちあがったりするのではないでしょうか?

またスポーツメーカーはもちろん、かわいかったり美人だと、化粧品メーカーも全力でスポンサーになるのでは?と予想します。

注目されればそれだけで商品が売れたりしますし。

よくあるのが、スポーツ選手が試合中につけているアクセサリーが話題になり、

爆発的に売れるなんてこと多々ありますよね。

(まあ、裏ではスポンサーになるので、これつけてがんばってね!プレゼントするから、、という大人のやりとりもあるのだと思われます。)

過度の期待はいけませんが、できれば2大会連続メダルを目指してがんばってほしいですね。

あと4年後、28歳!ちょうどいいかもしれません。

年齢的には最後の競技大会になるかもしれませんので、ぜひぜひ今回の大会の反省や

教訓を生かして東京五輪、盛り上げてもらいたいです!

スポンサーリンク