ミュージカル レ・ミゼラブル (Les Misérables)のストーリー!!

帝国劇場にて行われる2015年レ・ミゼラブル (Les Misérables)のミュージカル発表がありましたが、1度ストーリーのながれと登場人物を把握したほうが損がありませんし、内容を120%楽しめると思いこの記事を書いてみました。

レミゼトップ 画像:帝国劇場ホームページ

Sponsored Link

レ・ミゼラブル (Les Misérables)とは?

『レ・ミゼラブル』(Les Misérables)は、ヴィクトル・ユーゴーが1862年に執筆したロマン主義フランス文学の大河小説。原題 Les Misérables は、「悲惨な人々」「哀れな人々」を意味する。

引用元: レ・ミゼラブル – Wikipedia.

2013年のミュージカル レ・ミゼラブルをもとに流れを大まかに書きました。

 レ・ミゼラブル ストーリー

 格差と貧困などにあえぐ民衆が自由を求めて立ち上がろうとしていた19世紀フランス。パンを盗んだ罪で19年間投獄されていたバルジャン。仮釈放をされたが、行く場所や当てもなく白い目で見られる始末。そんな状況で、再び盗みを働いてしまったがある司教様に助けられ、この出来事を境に本当に生まれ変わろうと決意。

 その後、バルジャンはマドレーヌと名前をかえ市長の地位についていた。そんな中で囚人の見張り役から警官に職を変えていたジャベールが、ある出来事・事件をみて、マドレーヌと名乗っている男はバルジャンだということに気づき、執拗においかけるようになる。

 そんなジャベールとバルジャンの追いかけっこ?騒動の中で知り合う、ファンテーヌ。バルジャンが工場をやめさせられていてファンテーヌは売春婦として身を落としてしまい人生を自分が狂わせてしまったということが大きくバルジャンの心を動かし、ファンテーヌから愛娘コゼットを託され、ファンテーヌにそして、神様に必ずコゼットを守ると誓う。

 そんなバルジャンは、ジャベールの追跡をかわし、コゼットを助けに行く。ただコゼットは、テナルディエ夫妻の営む宿屋で女中としてただ働かさせられていて、テナルディエの娘(エポニーヌ)からも軽蔑されていた。そんな状況に、怒り、テナルディエ夫妻の要求通りバルジャンが1500フランを渡し奪還して、パリへ逃亡します。

 それから時間がたち、バルジャンはコゼットに対して可能な限りの愛を注ぎ込み、美しく気品のあふれた娘に育て上げた。そんなか、パリの下町では学生たち(マリウスやアンジョラス)が革命を起こそうと志す学生がひしめめいていた。バルジャンとコゼットがその近くでパーティに参加する移動中、そこに偶然にテナルディエ夫婦が通りかかり私たちのコゼットを盗んだ奴だと騒ぎを起こす。そこに、現れる警官ジャベール。そこに、不意にマリウスとコゼットが運命的な出会いを果たす。マリウスとコゼットは二人とも一目ぼれ。ただ、バルジャンはジャベールから逃れるためににコゼットを引き連れてその場を去ります。

 マリウスは、去った後もコゼットを忘れられない(コゼットも実はマリウスを忘れられない)。だけど、革命を起こそうと躍起になっている学生のアンジョラスたちを引っ張っていかなくてはいけないという、狭間で苦しみますが、幼馴染のエポニーヌ(エポニーヌはマリウスに片思い)に一目ぼれをした娘の居場所を探すようにお願いする。マリウスを好きなエポニーヌは、かつてコゼットを働かせていたテナルディエ夫婦の娘です。しかし、彼女はマリウスの手助けをします。同時進行で、ジャベールがバルジャンの居所を突き止めまた、逃げなくてはいけなくなります。

その、逃げていく中でバルジャンがコゼットに渡さず手紙を読み、コゼットとマリウスは愛し合っていることを、そして、今まさに学生たちが蜂起し革命を起こそうとしていることを知ります。バルジャンは、愛するコゼットのため、マリウスを死なせないために革命(学生たちの負けが決まっていた?)が起きようとしているパリの下町へ一人で向かいます。

そして、市民蜂起がはじまる。マリウスを救うため学生側の隠れ家に潜入していたジャン・バルジャンは、学生たちに捕まっていた宿敵ジャベールを助け逃がします。

しかし、マリウスたちの市民蜂起は失敗に終わり、エポニーヌや仲間は次々と殺されてしまいます。そして、負傷し失神していたマリウスをバルジャン自身も撃たれてけがをしているにも関わらず、かついで下水道へ逃げます。バルジャンは学生の市民蜂起の終了の跡にあらわれ、バルジャンの姿を探し、途中でジャベールに見つけますが逃します。その後悩んだジャヴェールは投身自殺します。

バルジャンの救出によって命が助かったマリウスは、コゼットと結婚し、マリウスに素性を明かしたバルジャンはコゼットから離れますが、最終的にはコゼットにマリウスが本当の事を話しかけつけます。そして最後はコゼットとマリウス・司教に見守られながらバルジャンはその生涯を閉じます。

以上が、ストーリーになります。YouTubeなどでもプロモーションがありますので是非見てみてください。

上記の映画Les Misérablesもおすすめですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] を意味する。 格差と貧困などにあえぐ民衆が自由を求めて立ち上がろうとしていた19世紀フランス。 [引用元] ミュージカル レ・ミゼラブル (Les Misérables)のストーリー!! | LIFE WEB SITE […]