リオ金!!平泳ぎ代表・金籐理絵は兄姉と仲良し!結婚式で引退を取りやめ!彼氏や結婚は相手はだれ?

オリンピックの水泳平泳ぎ代表選手・金籐理絵さんの気になる噂からこれまでの水泳経歴、プロフィールまで徹底的にご紹介します!

なんと、競泳女子200メートル平泳ぎで、金藤が1936年ベルリン五輪の前畑秀子、92年バルセロナ五輪の岩崎恭子に続く金メダルを獲得しまし

おめでとうございます。では行ってみましょう!!

Sponsored Link

金籐理絵の生年月日から身長・体重までwiki的プロフィールをご紹介!

本名:金籐理絵
生年月日:1988年9月8日(27歳)
身長:175㎝
体重:67㎏
出身地:広島県

金籐理絵さんは、競泳選手で平泳ぎを専門としています。ご兄弟の影響で水泳を始め、高校生のころから優勝な成績を残しています。過去に、北京オリンピックに出場しており今回のリオオリンピック出場が決定しています。また、リオオリンピックの水泳選手のリーダーも務める人格者でもあります。

若い水泳選手が続々と出てきている中、金藤さんのようなベテラン選手がいると安心が生まれますね。若者に負けずどんどん頑張ってほしいですね!

金藤理絵は韓国人で帰化している噂は本当?!

金藤理絵さんは、よく韓国人で帰化しているのではないかと噂されています。ですが、確実な情報はなく証拠もありません。噂される発端としては、広島出身であること・苗字に「金」が入っていること・顔立ち、と言われています。

いろんな噂が疑念を持つ方がいらっしゃるんですね。日本人でも韓国人でも日本代表として頑張ってくださってる金藤さんをこれからも応援し続けていきたいです!

金藤理絵の家族構成は?お兄さんはどんな人?

金藤理絵さんのご家族は、ご両親・お姉さん・お兄さんの5人家族みたいです。ご両親・ご兄妹全員が水泳をされていたみたいです。その影響で金藤さんは小学3年生から水泳を始めたそうです。

また、その中でもお兄さんとは本当に仲が良いみたいで、金藤さん自身のブログでお兄さんの誕生祝いをしたなど、仲睦まじいいエピソードが披露されています。

なんだかスポーツ選手ってご家族と仲がいいイメージがありますね。ご家族の支えがあって素晴らしい成績が残せているのかもしれませんね。それに、年齢を重ねても兄妹が仲いいって素敵ですね!

金籐理絵の出身中学校、高校、大学は?今までの経歴は?

金藤理絵さんは、広島の地元の中学を経て広島県立三次高等学校、東海大学体育学部へ進学しています。中学時代は大きな成績はありませんが、高校のころはインターハイで優勝するなど徐々に力を発揮し、注目され始めました。

大学時代は、200m平泳ぎで好記録を出し北京オリンピックへ出場しています。その1年後には日本記録を更新しています。しかし、その後はロンドンオリンピック出場を逃しスランプに陥りいい成績は出せていませんでした。そのため、引退もささやかれましたが、2012年に再度好成績を出し劇的な復帰を果たし、再度日本記録を更新しリオオリンピック出場に繋がっています。

一度挫折を味わったからこそ、凄まじい底力が秘められているかもしれません!オリンピックではなんだかいい成績が出そうで期待大です!

金藤理絵はどこの所属?

金藤理絵さんは、ぎふ瑞穂スポーツガーデン所属でJAKED elite teamのクラブの所属しています。

あまり聞きなれない所属チームですね。でも、どこに所属していても力が発揮できれば問題なしですね!

金藤理絵の熱愛の噂は?彼氏は?

金藤理絵さんは、お年頃ですが表立った熱愛の噂はありませんでした。ですので、結婚もされておらず独身です。今は、オリンピック目前で水泳第一かもしれませんね。

オリンピックが終われば恋の噂が出てくるかもしれませんね。でも、プライベートでもぜひ幸せになっていただきたいですね!

金籐理絵は澤穂希に似ている?!

金藤理絵さんと澤穂希さん、並べてみると似ていますね。同じ日本代表の主将もしていますし、共通点もありますね。お2人とも人格者でしょうね。

同じ世界で活躍している2人が似ているってなんだかおもしろいですね。でも、こんな身近に似ている人っているもんなんですね。

金籐理絵の歯並びが気になる?!

金藤理絵さんの歯並びについてですが、特に気になりませんね。どちらかというときれいな歯並びをしているようです。

どちらかというと、アゴが出ている!?

これが矯正後なのかそうなのではないのかわかりませんが、特記する情報はありませんでした。

スポーツ選手って意外なところまでみられているんですね。ある意味大変ですね。

金藤選手は姉の結婚式前まで引退を決意していた!!

実は、金藤選手、引退を決意していたことがあったようです。ただ、そこで引退をせずに踏みとどまったのは家族のおかげだそうです。

下記のようなエピソードがありました。

200メートル平泳ぎを得意とし北京五輪で7位と健闘したが、ロンドン五輪は代表入りを逃した。

敗れた選考会はレース後しばらくプールから出られず、声を上げて泣いた。

再起を誓った13年8月の世界水泳もメダルに届かず4位。「もう十分頑張ったよ」と自分に言い聞かせて、引退を決意した。

3カ月後、姉由紀さん(31)の結婚披露宴でサプライズがあった。金藤が世界水泳で泳ぐ映像が流れ、加藤健志(つよし)コーチ(50)のメッセージが続いた。「難しい挑戦だからこそ一生懸命やってみる価値がある。理絵とならやっていけると信じている」。地元スイミングクラブの友人の応援メッセージも並んだ。

赤い着物姿の金藤は涙が止まらない。約5分の映像が終わると、引退に反対していた父宏明さん(61)から金メダルをかけられた。裏には、母富士子さん(58)の好きなヒマワリにちなみ「上には上がいる。それでもきっと上を向くひまわりのように。いつも見守っています」との言葉が添えられていた。

映像は由紀さんが用意した。「泳ぐ姿に勇気づけられている人がいることを伝えたかった」と振り返る。

金藤は現役を続行したが、若手の台頭もあって思うように結果を出せない。つい引退の2文字を口にしてしまう度に加藤コーチから「応援してもらえる環境があるのになぜやめるのか。周りは理絵のことを考えている。自分のことしか考えられない人間になるな」と奮起を促された。

今年2月に200メートル平泳ぎの日本記録を樹立した。4月の日本選手権で、日本女子で初めて2分20秒を切る今季世界1位のタイムを出し8年ぶりの五輪切符をつかんだ。「たくさんの応援の前で記録を出すことができた」と声を詰まらせた。

リオ五輪では女子で初めて競泳チームの主将に選ばれ「みんなが笑顔でいられるチームにしたい」と引っ張ってきた。スタンドから見守る両親やチームメート、日本から声援を送る人たちの前で、全力で泳ぎ切った。

なんて素敵なエピソードなんでしょうか。家族の支えがあってのこの結果。納得です。

本当におめでとうございました。

スポンサーリンク