初詣を正しく参拝をして神様に気に入ってもらいましょう!!

元旦を迎えて行うものといったら「初詣」ですよね?今回は初詣などで使える正しい参拝の仕方をお教えいたします。

Sponsored Link

 1.入口(入り方)

神社の正面の「鳥居」から必ず入りましょう。神域と俗世の境界線が「鳥居」です。つまり、神社の門は神様のお家の玄関なわけです。あなたは知り合いのお宅を訪ねた時に、勝手に裏口から入ったりはしないですよね?

神様にきちんと挨拶をして、玄関である鳥居から入るようにしてください。

その他 注意しなくてはいけないこと

  • 鳥居の前で一礼する。
  • 鳥居の柱側の足から進む。
  • また中央は避けて通るべき。鳥居と参道の真ん中は神様の通り道ですので極力避けましょう。

  2.お清め

さて門を、通りましたら、手水舎(ちょうずしゃ)でお清めをしましょう。こんなところです。

手水舎

  1. 一礼をして手水舎(てみずや)で、右手にひしゃくを持ち左手を清めます
  2. 次に左手に持ちかえ、右手を清めます
  3. また右手に持ちかえ、左手のひらで水を受け、口をすすぎます。※口を直接ひしゃくにつけてはいけません。
  4. 両手でひしゃくを立て、水を流して柄の部分を清め、伏せて戻しますが、ここまでを、基本的にひしゃくに酌んだ一杯の清水で行います。
  5. 1礼して完了です。

わかりにくいと思いますので下の動画を参考にしてください。

 さあ、手水舎でお清めを済ませたら、参道を通り本殿へ向かい参拝しにいきましょう。

 補足ですが、参道を歩くときの音が気になる方もいると思います。これは玉砂利といいます。『ザッザッ』って音がするし、歩きにくいと思いますが…これには「汚れを払う」意味があるのです。参道の玉砂利を踏みしめながら歩くことで一歩一歩汚れが落ちて、心身ともに清め、神前に立つ準備をしているそうです。

 3.お賽銭の額

お賽銭に正式な金額はありません。語呂を使ってお賽銭を決める方が多いです。

  • 10(5円玉2)(5円玉を重ねることから)重ね重ねご縁がありますように」
  • 15円「十分ご縁がありますように」
  • 20(5円玉4)「よい(4)ご縁がありますように」
  • 25円「二重にご縁がありますように」

とゲン担ぎも大事ですね。

 4.参拝

神前に立つ準備ができて、参拝の仕方です。

  1.  拝殿に進んだら、姿勢を正します。
  2. お賽銭を賽銭箱に入れ、鈴を鳴らしたら、もう一度姿勢を正します。
  3. お賽銭を入れたら、二礼二拍手一礼の作法をしながらお祈ります。

下記には例を書きました。

深く礼を二回、拍手を二回し、手の指を揃えたら、「私は○○から来た、○○と申します。」と、まずは自己紹介をきちんとしてください。その後、「普段の暮らしへの感謝」をして自分の「誓い」をします。最後に自分の願いごとを祈りましょう。祈りが終わったらもう一度深い1礼をして完了。です。

 また、 鈴は心身の邪気を祓うために鳴らしますが、できない場合は飛ばしましょう。また、お賽銭を入れるときは、遠くから投げたりせず、丁寧に入れてください。お賽銭を投げて入れるのは神様に対して失礼になりますので気をつけましょう。

 5.出口(出かた)

そして、最後に最初と同じように神社の玄関である鳥居をくぐり会釈をしてから神社を出ましょう。

正しい参拝方法を実践することで、神様に気に入ってもらえて、願いが叶いやすくなります。新年を迎えて、新しく清らかな心で、初詣に出かけてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク