サッカー日本代表が2015アジアカップで対戦するイラクの実力はどうなのか?

12日に行われたアジアカップ・グループD第1節ヨルダン対イラク戦は、イラクが1-0で勝利を収めました。16日に行われるグループ第2節では、ともに初戦に勝ったイラクと日本が激突しますので、日本がグループリーグ1位突破を懸けての試合になります。今回、日本代表が戦うイラク代表・注目するプレーヤーについて詳しく調べてみました。

Sponsored Link

イラク代表 最近 1年間の成績

2015/1/4      ●     イラン 1 – 0 イラク       国際親善試合
2014/12/31 ● イラン 1 – 0 イラク      国際親善試合
2014/12/28  ‐ ウズベキスタン 0 – 0 イラク 国際親善試合
2014/12/25  ● ウズベキスタン 1 – 0 イラク  国際親善試合
2014/12/22  ‐ イラク 1 – 1 クウェート    国際親善試合
2014/11/20  ● アラブ首長国連邦 2 – 0 イラク 国際親善試合
2014/11/17  ‐ イラク 1 – 1 オマーン     国際親善試合
2014/11/14  ● イラク 0 – 1 クウェート    国際親善試合
2014/10/14  ‐ バーレーン 0 – 0 イラク    国際親善試合
2014/10/14  ‐ バーレーン 0 – 0 イラク     国際親善試合
2014/9/4      ● イラク 0 – 2 ペルー     国際親善試合
2014/3/5      ○ イラク 3 – 1 中国    アジアカップ2015予選
2014/2/21    ○ イラク 2 – 0 北朝鮮     国際親善試合

イラクは2014年の通算成績は13マッチ 2勝6敗5分 10得点 6失点 です。

日本との対戦成績

9戦4勝 3負2分  勝率:57.14%
11 得点 ‐ 1試合平均得点:1.22
8 失点 ‐ 1試合平均失点:0.89

日本代表は2000年以降は負けていません。が、日本代表は、かなり引き締めていかないと厳しい戦いだと思われます。また、チームは4人以外が全員23歳以下という非常に若い年齢層となっていますが個々のレベルはかなり高いです。

イラク代表の注目選手を紹介します。

注目プレーヤーは3人

背番号6:アリ・アドナン(チャイクル・リゼスポル/トルコ)
190㎝近い体格を持ちながらも豊かなスピードを備え、ドリブル突破やクロスでのチャンスメイクに加えて強烈なミドルシュートも得意としている。最大の武器は強烈なフリーキック。イラクのロベルトカルロスの異名を誇りアジア最高レベルの才能を持つ若手選手として高い評価を得ている選手です。要注意プレーヤーだと思われます。

背番号11:フマム・タリク (アル・アハリ・ドバイ/UAE)
年齢は18歳ですがイラクのメッシとも言われています。攻撃の軸の潤滑油みたいな存在。この選手が入ると、攻撃が滑らかになるといわれている。2012年にイラク史上最年少の16歳でA代表入り。既にAマッチ15試合3得点を誇る。

背番号9:アフマド・ヤシーン (エーレブローSK/スウェーデン)
イラクのC・ロナウドといわれているそうですが、ルックスはまさに本家を彷彿とさせますね。スピードがあり左右両足から強烈なシュートを打てるそうです。

背番号10:ユーニス・マフムード(無所属)
イラク黄金世代(アテネ五輪4位)の背番号10です。キャプテンを務めたアジアカップ2007で4ゴールで得点王を獲得し、イラク初優勝時のMVPを取っています。この活躍もありこのバロンドールの候補にも挙がった選手です。

まとめ

他に期待されていた2選手(シドニーFCのアリ・アッバースと第2次黄金世代のエースストライカーであるムハンナド・アブドゥル・ラヒーム)がいるのですが今回は怪我で出場できないそうです。イラクは、戦争の影響でサッカーグラウンドもなかったという実情がありましたが、楽しみな選手はたくさんいますね。

日本代表本田選手が「理想通りにはいかないのがサッカー」と、パレスチナ勝利後に語っていましたが、アジアカップの難しさでもあると思いますが、全力で日本代表を応援したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク