アンジェリーナジョリーが乳房摘出に続き卵巣卵管までも!がんは遺伝するのか?

スポンサーリンク

アンジェリーナ・ジョリーが伝えたかったことは?

アンジェリーナ言葉

アンジェリーナジョリーさんは、下記のように週刊雑誌の特集に綴っています。

女性の血縁者にがんの最初期症状が出た年齢から10年は前倒しして予防手術を受けるべきだと医師に言われました。母が卵巣がんと診断されたとき、彼女は49歳でした。私は今39歳です。もうこれ以上子供は望めませんし、身体的な変化も起こるでしょう。でも、何が待っているとしても気持ちは軽くなりました。私が強いからではなく、これが人生だからです。恐れるものはありません。私の子供たちは、『ママは卵巣がんで死んだ』と言わなくてもよくなりました。知識は力です」。

彼女は、もう子供は望めないけれど、生きるということを選択しました。

こうやって、アンジェリーナジョリーさんがガンについての自身の経験について公開してメッセージを残してくれたことは、このような、症例で悩んでいる方に大きな後押しになるのではないかと期待します。

もし、知らない方がいたら、声をかけていただきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする