アンジェリーナジョリーが乳房摘出に続き卵巣卵管までも!がんは遺伝するのか?

アンジェリーナ・ジョリー(さん39)が先週、がんの兆候が見られた卵巣と卵管の摘出手術を受けていたことがわかったことで話題になっていますね。2013年には、健康な乳房を切除していました。今回は、そんな、がんの遺伝子を調べることができるのか?がんは遺伝するのか?などを調べてみました。

アンジェリーナジョリー

Sponsored Link

今回の、アンジェリーナジョリーさんの卵巣と卵管の摘出手術により、5%未満にがんの発症率を落とすことが可能だそうですが・・・

アンジョリーナ・ジョリーさんは87%が乳がんに、50%が卵巣がんにかかるリスクをもたらすというBRCA1遺伝子を持っていたそうですね。

がん細胞の遺伝子が調べられる!?

今はその遺伝子を調べることができ、尚且つがんの遺伝子はわかるそうですよ!!

さらに、アンジェリーナジョリーの実母は乳がんを患った上、卵巣がんで亡くなっています。

がんの罹患率を少しでも下げるためにジョリーは2013年に両方の乳房を切除し、今回は医師がごく初期の病変を卵巣と卵管に発見し、腫瘍マーカーでは陰性であったものの、即座に摘出することを決めたといいいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク