秋の季節のだるさ秋バテを予防&改善する方法5つ

最近は「夏バテ」ならぬ「秋バテ」があるそうですよ!!

暑さが和らぎ、涼しくなって過ごしやすくなるはずなのに身体がだるい・食欲がないなど夏バテに似たような症状なのだそうです。

今回は、朝の情報番組スッキリで紹介された秋の季節のだるさ秋バテを予防&改善する方法3つを紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

疲れている1

秋バテの症状や原因は?

秋になると夏の暑さからどっと出てくる疲れだそうで以下のような症状が出たら注意ですね。

・朝が以前より起きれなくなった
・やる気がいまいちでない
・なかなか眠りにつけない
・身体がだるい
・胸やけや胃もたれが頻繁に起きる
・食欲不振

ちなみに、「秋バテ」になる原因は

・寒暖の差
・気圧の変化による自律神経の乱れ
・食事の仕方

などがあるようです。

疲れ 低気圧

秋になると、秋雨前線で低気圧が停滞したり台風などが日本列島を通過したりすることで、気温の差が生じ自律神経が乱れ始めます。そして、気圧の変化で呼吸なども自然に乱れ始め、これもまた自律神経を乱す原因になり身体の不調が起きてくるわけです。

食事 食べ過ぎ

食事に関しては、冷たいものを摂りすぎることが関係しているようです。これは、夏バテと似ていますよね。食べ過ぎも関係しているようですが、こんなこと言ったらどうすればいいのか困ってしまいますよね。

次のページでは、そんな厄介な秋バテを予防する方法と改善方法を5つ紹介したいと思いますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク