前田敦子と交際中の尾上松也!!歌舞伎界から期待される理由は?

週刊文春が尾上松也さんと前田敦子さん、元AKBの秋元才加(26)、中村児太郎(21)を伴ってダブルデートという報道がありました。
昨年、交際報道が出た時、市川海老蔵さんがブログで尾上松也さんの報道をいじっていましたし。そんな、歌舞伎役者・尾上松也(29)さんが歌舞伎界から期待される理由はなぜなのか調べてみました。

Sponsored Link
尾上松也

AKB48の卒業から早2年半。いまや銀幕女優として、「必要があれば濡れ場も辞さない」という発言までした前田敦子(23)。プライベートでは若手の歌舞伎役者・尾上松也(29)との交際を継続しているが、新年早々から逢瀬を重ねる現場を「週刊文春」が撮影した。

引用元: 前田敦子と尾上松也のデート姿を撮影 秋元才加とのダブルデートも – ライブドアニュース.

尾上松也とは?

尾上松也(おのえ・まつや)
本名:井上 龍一(いのうえ りゅういち)
1985年1月30日
東京都生まれ
堀越高校卒業
祖父:新派俳優の春本泰男
父:6代目尾上松助
屋号は音羽屋
1990年5月、2代目尾上松也を名乗って初舞台にでて、95年NHK大河ドラマ「八代将軍吉宗」で吉宗の幼少期、2000年「葵徳川三代」で片桐元包役、2009年「天地人」で前田利長役を演じる。「シベリア超特急2」「源氏物語千年の謎」などの映画やTBS系「ぴんとこな」などのドラマに出演もしている。

歌舞伎の世界は生まれた家が何よりもものをいいます。市川海老蔵の市川家は何よりも歌舞伎界の最高峰ですよね。彼の立場、あるいは肩を並べる位置には現在いないのではないかとおもいます。ですから、正直「尾上松也」は海老蔵と比較になりません。

ですが、海老蔵、染五郎、猿之助なども、もうアラフォーになり彼らが主役を担う中堅どころとなりました。今、歌舞伎界で「若きプリンス」と呼べるのは数少ないと思いますが、その最年長にあたるのが「尾上松也」ですね。

尾上松也が歌舞伎界から期待される理由は?

「尾上松也」の父、6代目尾上松助は一代で幹部俳優にまで上り詰めた実力者でした。ですが、若くして亡くなり、正直家柄が名門でない上、若くして後ろ盾を失った「尾上松也」は歌舞伎界独り身であまり目立たない立場でした。

しかし、最近は女方の大役「顔世御前」や、「曽我十郎」と言う大きな立役を勤めました。これは通常では考えられない抜擢になりますまた、「尾上松也」は、自主公演を過去5回行っていますが、ここまで自主公演を続けることをした役者さんは市川猿之助だけだそうです。さらに、蜷川幸雄演出のロック・ミュージカルや、『ロミオとジュリエット』で本格的ミュージカルに挑戦していたりしますます。歌舞伎以外でも活躍する幅広い魅力がある役者さんです。

そういう実績なども含めて、歌舞伎の諸先輩を含む歌舞伎界が「尾上松谷」にかける期待を表しているといえるでしょう。

まとめ

別れたり、くっついたりしている世間を騒がせているお2人ですが、これからの歌舞伎界を担う尾上松也さんと前田敦子さんとの関係はどうなっていくなでしょうかね?まずは、週間文春の記事写真に注目したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク