黒木渚は元公務員!しゃべくり007で出演!彼氏・結婚・年齢は?wiki風プロフィール 曲動画あり

しゃべくり007の新企画人間クイズ007で出てきたゲスト黒木さん。

しゃべくり007ででてきたゲストのトークだけでわかるか?という新感覚の企画でしたが、チュートリアル徳井さんは、最終的に聞いたことがあったみたいでした!!

そんな、シンガーソングライターである黒木渚さんのことを詳しく調べてみました。

IMG_5949

Sponsored Link


黒木渚プロフィール

黒木 渚(くろき なぎさ)
生年月日:1986年4月19日
身長:170cm
宮崎県日向市出身。
日本の女性シンガーソングライター

黒木渚さんは元公務員

黒木渚1

厳格な家庭で育ったらしく、ずっと音楽をやりたかったけど、なかなか口に出して言えなかったそうです。
幼少期に日本舞踊をやっていた祖母の影響で、ステージに対して漠然とした憧れを抱いていたんだとか。

公務員になったのは、当時組んでいたバンド活動を継続するためになっていたそうです。

ただ、このバンド活動が公になってしまい、有名になりすぎて辞めてしまったそうで、その後、音楽活動に専念したそうですね。まあ、これだけ、キレイな人が市役所に居たらビックリしますね。

黒木渚3

ちなみに前職の勤め先は福岡の市役所の財政課とのこと…

元公務員で職歴があるので、年齢が意外に高いのかなと気になったのですが

2015年で27歳でしたね。

黒木渚が音楽を始めたきっかけと大学は?

黒木渚4

実は音楽を始めたのは、大学で軽音部に入ったのがキッカケだそうです。
そこからギターを始め、2010年には自らの名前を掲げたバンドの「黒木渚」を結成したそうです。

そんな大学はどこなのか気になりますよね。

元公務員なので、良さそうな大学を出ていそうですがどうなんでしょう?

どうやら、福岡教育大学の出身みたいです。

驚いたことに、大学で出会った教授の影響で文学にのめり込み、大学院時代には英米文学のポストモダニズムを研究していたみたいです。

その影響か、独特で文学的な歌詞が大絶賛されてます。
この点は音楽プロデューサーの小林武史さんがすごく高く評価されています。
そして、サザンオールスターお桑田佳祐さんも「はさみ」を聞いて、「現代でこんな歌詞かける奴いる?」と絶賛したそうですよ。

IMG_5964
このほかにも、伊集院光は非日常的な言葉で日常を歌う黒木は、当たり前の言葉で当たり前を歌う西野カナの逆だねと黒木渚を評した。

黒木渚の代表曲とは?動画あり

黒木渚さんの代表曲について調べてみたら、結構出てきましたね。そして、曲の意味などが深いのにはびっくりしましたね。

処女作となる1st single 『あたしの心臓あげる』を九州限定でリリースしたのですが、これが、九州限定にもかかわらず、全国のインディーズチャートで14位、有線インディーズチャートで1位を獲得して一躍有名になり、その後も10週連続でオリコンインディーズチャートTOP20 にランクインし続ける作品になりました。

この曲のテーマは究極の愛なのだそうですが、「愛してる」の言葉を一度も使わずに「愛」を表現したそうです。

曲はこちら。

お坊さんを救った曲「カルデラ」動画

この曲は一番辛かった時期にあなたの歌で救われましたとお坊さんからファンレターが届いたそうで、お坊さんを救った曲「カルデラ」の一節が紹介されたそうです。

刑務所からファンレターが届いた「革命」

「革命」ではあなたの歌を聴いて生きていくことに決めましたと刑務所からファンレターが届いたそうなんです。
この曲の強く芯のある筋の通った女でいたい、ステージに行けば必ず強い黒木渚が立っているとの思いで歌を作っているんだとか。


黒木渚の彼氏は?

頑張って探してみましたが、情報はありませんでした。女性としてアーティストとして素敵な方なのでいてもおかしくはないんですが、もし発覚したら追記していきたいと思います。

元カレとしては、大学時代の軽音楽部の時に彼氏とユニットを組んでいたそうです!

なのに、ライブ前に大喧嘩して、彼氏がライブ当日ドタキャンされた経験があるそうですよ。

その時は、一人で歌いきったそうですが・・・

そして、黒木さんの『ウェット』という曲の歌詞に

「二ヶ月前に手首を切りました。直前に彼氏を刺しました。・・・」

という歌詞があります・・・刺したら犯罪ですからね。

今まで、どんな彼氏とどんな恋愛をしてきたんだろう?気になりますよね。

今回は、以上になります。曲がカッコいい感じでしたよね。椎名林檎さんのような独特な世界観はほんとうに引き込まれる気がしました。

今後の黒木渚さんの活躍を期待したいと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク