木の実ナナさんはハーフ?結婚や現在の夫は?妹が超絶かわいい

日本人離れした顔立ちといつまでたっても変わらないスタイルの良さは変わりませんね。

そして、底抜けに明るい笑顔が印象的な木の実ナナさん。

そんな、木の実ナナさんが木の実は10月24日に沖縄で上演された舞台「南阿佐ヶ谷の母」終了後、ホテルでつまずいて転倒して。左大腿骨を骨折したというニュースが飛び込んできました。

東京に戻ってから手術を受け、現在は車いす生活を余儀なくされているといいます。ただ、足以外は元気ですと。お話しされていたそうなんで心配はないかと思います。

そんな今回は木の実ナナさんの過去や旦那様や現在について、詳しく調べてみました。木の芽ナナ3

Sponsored Link

本名   池田 鞠子
生年月日 1946年7月11日(69歳)
出生地  東京都墨田区
身長   160cm
血液型  B型
職業   女優・歌手

甘いささやきでおなじみの俳優・細川俊之さんとの二人芝居『ショーガール』で、観客動員数60万人を超す大ヒットを記録している大女優だ。

最近では所属事務所の破産でクローズアップされていましたよね。

そんな、木の芽ナナさんの父はトランペット奏者、母は踊り子なんですって。
父が19歳、母が20歳の時に生まれたそうなんですが、木の芽ナナさんは体が弱く、3歳まで歩けなかったそうなんですよ。
芸能界入りを猛反対する父親を説き伏せ芸能界には入ってそうですが、この頃に初期ザ・ドリフターズの専属歌手として歌っていたこともあるという。

木の実ナナの本名は?

木の芽ナナ

木の芽ナナさんの本名は池田 鞠子(きくこ)だそうです。

「木の実ナナ」は芸名でした!!

この芸名は、デビュー曲である「東京キカンボ娘」の作詞作曲した菊村紀彦さんによってつけられたそうです。

漢字、ひらがな、カタカナの三つがそろった名前は、「歌だけでなく、踊りも芝居もできる人になってほしい」という思いを込めたものだという。

「着の身着のまま」が芸名の由来ではないかという説もあったのですが、木の芽ナナさん自身が否定していました!!

木の実ナナは結婚している?夫は?

木の芽ナナ1

木の芽ナナさんは結婚していないの?って思う方もいるとおもいますが、じつは、結婚の噂らしい噂もない木の実ナナさんなんです。

カッコイイ女性の一人と言える木の実ナナさん。

恋の噂も出ないんですよね。本当に女優一筋の人です。

唯一と言っていいぐらいの方は、舞台『ショーガール』で共演、30年以上の付き合いがあった細川俊之さん。

細川
細川さんが故人となったときに、本当の二人の仲を問われたが「プライベートな付き合いは一切なし」とバッサリと話していました。

それ以外やはり他にういた名もなかったです。

本当なのかどうなのかわかりませんが、父に結婚したいと言うと「お前が結婚したら誰が俺たちを養っていくんだ!」と反対され家族を養うために結婚することを諦めたという話もあるんだとか?
多分、この話はでっち上げだと思いますね。

木の実ナナさんはハーフ?

木の芽ナナ4

木の芽ナナさんは、日本人離れした顔立ちですよね。ハーフ?って思う方はいるかと思いますが、バリバリの日本人です。

ただ、幼少期は、彫りの深い独特の顔立ちからハーフに間違えられ、同級生に傘で顔に傷をつけられ苛められたそうです。

木の実ナナさんは更年期うつ病だった

木の芽ナナ5

2012年の1月号で女性セブン更年期うつ病を告白していましたね。

といっても2000年には新聞広告で「私は、バリバリの「鬱」です」というキャッチコピーで出演していましたがよね!

木の芽ウツ

1992年ごろから更年期性うつ病を患っていたそうなんですが。現在は医師の治療と周囲のサポートによって回復したそうです。

体調が悪くなったのは、その診断の1、2年前の1992年ぐらいからだったそう。

もともと明るさが取り柄と語るの木の実ナナさんですが。

小さいころに顔が外国人みたいだからといじめられて、同級生に傘で顔に傷をつけられたこと。
忘れたはずの嫌なことが、次々と思い出されて、それが頭から離れなかったそうです。
すべてのことにイライラして、走っているバスを見ただけでなんであのバス、ここを走っているんだとまで思ってしまっていたとか。

最初は自律神経失調症と診断されたそうなのだが、仕事で長期滞在していたホテルの部屋で、ボロボロ涙を流しながら、死ぬことばかり考えていたこともありました。大好きな母の存在さえ重荷に感じるようになったそうなんです。

そんなとき、たまたまファンの中に心療内科の医師がいて、木の実の様子の変化に気づいてくれたのだという。

次のページで、木の芽ナナさんの妹さんについてになります。超かわいいですよ!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク