バレーボール荒木絵里香の結婚相手の旦那や子供は?

女子バレー界の元気だまといったら荒木絵里香選手。

木村沙織選手や大山加奈選手、栗原恵選手といったルックスも、

バレーも強い最強のチームのときに活躍していた一人です。

リオ五輪が近づいてきた今。

荒木選手について追ってみましょう。

Sponsored Link

荒木絵里香のwiki的プロフィール!生年月日や年齢は?

20160514-00000103-spnavi-000-view

荒木選手のプロフィール、みていきましょう!

荒木 絵里香 あらき えりか ※旧姓 現在は、四宮

1984年8月3日生まれ 32歳

岡山県倉敷市生まれ

ニックネームは エリカ

現在は上尾メディックス所属。

上尾メディックスとは、埼玉県上尾市を拠点とする、

上尾中央医科グループの女子バレーボールチームなのです。

荒木絵里香は体でかい?身長や体重はいくつ?

images

では荒木選手の身長や体重もみていきましょう。

現役アスリートの体格とは、、

オフィシャルのプロフィールによると、

身長:186センチ

体重:79キロ

バレーボール選手にぴったりの体型ですよね。

荒木選手のパワフルなスパイクはこの大柄な体格から

発揮されているのですね。

しかもテレビでみると180センチオーバーに見えない、、(-。-)y-゜゜゜

周りの選手も大きいので基準がよくわからなくなりますよね(笑)

男性顔負けの身長、すばらしいです!

荒木絵里香の経歴まとめ!高校と大学や所属は?

o0476058012636983812

そんな日本代表にもなって世界の舞台で大いに暴れていた、

荒木選手。どんな経歴の持ち主だったのでしょうか。

小さいころから見ていきましょう。

父親→早稲田大学ラグビー部OB

母親→体育教員

スポーツ一家で育つ。

小さいころから水泳クラブ、陸上クラブに通って、

体育は得意としてきたそうです。

~バレーボール~

小学校5年生のときにはじめる

※既に身長174センチ

市立菅生小学校、

市立倉敷中学校に入学。

中学高校では注目選手として活躍する。

~成徳学園高校入学~

大山加奈選手らとともに春高バレーインターハイ、国体など

高校3冠を経験するというすごい選手なのです。

~実業団~

東レアローズに入団、入団1年目には、アタック決定率2位に入って、ベスト6を受賞。

またこの年に全日本に選出。

このころから、日本代表のメンバーに選出され、多くの国際試合に出場している。

そして2008年北京オリンピックに出場し、ベストブロッカー賞を受賞するなど大きな晴れ舞台でもプレッシャーに負けることなく、輝かしい成績をおさめているのです。

荒木選手が出場した国際大会、

オリンピック 銅メダル

世界選手権 銅メダル

アジア選手権 銅メダル2回、金メダル1回、銀メダル1回

~海外~

2008年にはバレーボールの聖地とも言われているイタリアプロリーグに期限付きで移籍もする。

帰国後は東レに復帰し、大活躍をする。

個人では各大会の名誉賞や、敢闘賞、スパイク賞、ブロック賞、

サーブ賞など多くの賞も受賞しているスーパー選手なのです。

荒木絵里香の引退の理由は?

ar2-300x169

荒木選手、結婚をして出産。

今ではママさんプレイヤーなのです。

普通、結婚や出産をすると引退ですねというのがよくあるパターンですが、荒木選手の場合は、まだまだなのです!

産んでからもバレーボールを続けたい!

バレーをやりたいと思ったそうです。

それは体育教師である母親からまたは旦那さんからの熱い

エールもあったようです。

家族のサポートなしでは荒木選手は存在しないのですね(^^♪

素敵なご家族です。

荒木絵里香 結婚した旦那の名前 子供名前は?画像は?

Araki-Family1-1-570x384

ではそんな日の丸を背負ってメダルを数多く取った

荒木選手の旦那さんてどんな人でしょうか。。

娘さんのお名前なんかもわかっちゃうのでしょうか。

みてみましょう♪

荒木選手の旦那さんは、

四宮 洋平 さん。

彼は、もとラグビー選手。アスリート同士の御結婚だったのですね。

現役復帰のために一緒にトレーニングしてくれたり、

応援してくれたりと全面協力をしてくれている優しい旦那さまのようです。

四宮選手とはどうやらでき婚のようですが(~_~;)

でも無事にお子さんを産んで幸せそうなので羨ましいですね!

既に娘さんも、ベビーカーが窮屈な感じで育っているとか。。

お子さんの名前は、和香ちゃんという名前らしいですね。

3c22b96e9202754e82824c5c04b170ac

hqdefault

スポンサーリンク